ブログ

2018.12.12鍼治療で不妊治療の成功率は向上しない

こんにちは。豊中少路 不妊鍼灸専門  ルリエ鍼灸院です。

家に引きこもりたくなる気温になりました。

こんな季節には、私は大好きな映画やドラマを見て過ごします(^^)

 

私の大好きな映画の1つ「キューティーブロンド」

これを見ると元気になれるんですよね~♪

お時間あるときに是非(@^^)/

 

さて何かを検索してる時にたまたま目に入ってきた記事がありました。

鍼灸治療の不妊症に対しての効果について。

 

1つはこちら↓

【クリック】鍼灸治療で不妊治療の成功率は向上しない

 

そっか。そういう結果もあるのか~と逆に鍼灸治療の効果を示す論文を探した結果、見つけた記事がこちら↓

【クリック】鍼灸と不妊症に関する論文まとめ

 

 

簡単に言えば

IVFを受ける女性を対象に、鍼灸治療を行ったグループと偽の鍼灸治療を行ったグループにおいて、新生児出生率に有意な差はないというもの。

もう一方は鍼灸治療の不妊症に対する治療の有意性を示すもの。

 

 

 

東洋医学の考え方の中に陰陽論というものがあります。

世界に存在するものすべては陰と陽に分けられるというもの。

 

だから不妊鍼灸の効果についても両極の意見があるのは当然。

意見が1つのみ、もしくは偏るのはその物自体の発展を邪魔してしまいますからね。否定的な考え・肯定的な考えがあることは、「鍼灸治療」という分野が広く知られるようになった結果だと思います!(^^)!

 

大切なのは「とぢらの考え方を選択するのか」だと思います。

そこにはどっちが正しいとか、間違っているとか論争しあってもありませんし、自分の考えを相手に押し付けるのも違うような気もします。

 

わたしはもちろん「有意性がある」と考え、その説を選択しています。

でなければ不妊鍼灸専門で立ち上げたりしていませんよね(^^;

経験としても実感しています。

 

 

 

妊娠って子宮と卵巣だけで成り立つものではないのです。

しっかりと栄養を消化・吸収する力があって、血やホルモンに変える力があって、そして滞ることなく各細胞や臓器に行き渡らせる力があって、それらが絶妙のタイミングで成り立って「妊娠成立」です。

 

生殖器に限らず、ホルモンや栄養や感情のバランスを整えながら、プラスしてピンポイントで骨盤内の血流を良くしましょうね♪という方向の治療をしているのに

「IVFする前にちょこちょこっと鍼してみました。結果はあまり変わらないです~」では、それ鍼灸の本来の力かな?と疑問を持ってしまいました。

 

 

でも研究するにあたって環境や条件を統一していかないといけないので、色々附属のことはできないのでしょう。

治療にどこのツボをつかったのか、その方はどこの臓腑のバランスが悪いのか、どこのツボに反応が出ていたのかなど詳しい記載されていませんので、今回のこの記事ではちょっと比較の参考にはなりづらいですね。

 

また面白い記事を見つけたら紹介したいと思います。

 

あなたはどの考え方を選択しますか?(^^)

 

 

【こちらもクリックお願いします】

Instagram

Facebook

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です