ブログ

2017.06.25美容鍼が効く仕組み

本日はビューティーバイキングというイベントで、美容鍼のブースを出店させて頂きました。

雨で足元が悪い中、沢山の方に来ていただき嬉しかったです。

ありがとうございました!

 

美容鍼というジャンルは、

私が鍼灸学生だった10年前に比べて、より確立されたような気がします。

モデルの方や芸能人の方の発信力のお陰ですね。

 

 

さて、なぜお顔に鍼をすることでお肌のトーンが明るくなったり、

小顔になったり、しみやしわが改善されるかご存知ですか?

どうして効果があるのか、知ってから施術を受けると更に効果があがりますよ!

 

お肌はミルフィーユのように組織が重なって構成されています。

 

基底層という層は、細胞分裂を繰り返し、新しい皮膚を作りだすところ。

つまりターンオーバーが行われているところです。

 

この層の下には『真皮』と呼ばれる層があります。

ここはターンオーバーに必要な栄養を送ってくれる血管があるところです。

鍼が皮膚の下に入ることで、この栄養を送り出す血管の血流が改善されるのです。

 

血流が改善されることで、乱れたターンオーバーが活性化されるので

・お肌がパッと明るくなる
・しみが薄くなる、予防できる
・肌質が改善する

といった効果が得られるのです。

 

なので当サロンは深くまで鍼をさしたり、電気を流す方法はしておりません。

表皮の厚さ0.2mm + 真皮の厚さ2~3mm を踏まえると、

鍼は3mm前後も入れば十分ですし、

 

電気を流さなくても鍼が入ることで血流が上がれば、

お顔の筋肉のコリも改善されるのではないかと考えております。

 

施術の方法は鍼灸師の先生によって違うので、

ご自身が好きな施術のタイプを是非見つけてくださいね。

 

マタニティ期はホルモンのバランスも変わり、ターンオーバーも乱れがち。
産後は化粧水をゆっくり浸透させる時間もないくらい、いつもバタバタします。

 

きれいなママでいたい、ママである前に女性としてキラキラしたい。

限られた時間だからこそ、効率的なケアをしましょう(^^)

◆◆ご予約はこちらから◆◆

ご予約カレンダー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です