ブログ

2017.09.27ベビ待ちの方が、してはいけないこと

今日は、いつもと少し違ったことをお話ししてみようと思います。

 

「赤ちゃんを望む女性が、特にしてはいけないこと」

みなさん、何だと思いますか?

冷えないようにすること?食事に気をつけること?妊活にばかり捕らわれないこと?

それももちろん大切です。

 

もっとしてはいけないこと・・・

それは「悪意を持つこと、向けること」です。

 

お腹の大きな女性を見た時・・・

マタニティマークをつけている方を見たとき・・・

モヤッと、くろーい感情が芽生える時ありますか?または、ありましたか?

 

 

例えば「お腹が大きくなってまでマタニティマークつけて!つけなくても分かるじゃない!」

 

もちろんこれは例えです。意地悪な考えは、今すぐ捨ててしまいましょうね。

そんな人いませんよー!と思うかもしれませんが、悲しいことに、ごくごくたまに、ほんの数人いらっしゃるのです。

妊活期間が長ければ長いほど余裕もなくなってしまうものなので、当たり前といえば当たり前なのですがー・・・。

 

 

 

脳と悪口の関係をご存知ですか?

悪口を口に出せば出すほど、自分のストレスは増えるし、老化へと進んでしまうそうです。

それは、脳は主語を理解できないので、口に出した言葉はすべて自分に言われているのと同じ状態になってしまうから。

そして、悪口を言われた脳はストレスホルモン(コルチゾール)を大量に放出してしまいます。

 

妊活にストレスはよくない!と心がけているのに、人のことを悪く言うことで無意識のうちにストレスを生み出してしまっているのです。

雑談ですが・・・

仏教の世界でも人のことを罵ったり、愚痴をこぼしたりすることは自分自身を汚すものだと説いています。

それは口に出さずに心の中で思っていたとしても、人には聞こえていないだけで、口に出すことと同じ罪だそうです。

 

脳科学的に見ても、宗教的に見ても、人のことを悪く言うことに何ひとつメリットなんてないのですね。

 

 

では、どうすればいいか。

妊娠されている方をみてモヤッとしたら、将来の自分だど思って心の中で声をかけてあげましょう。

「よく頑張ったね。おめでとう。もうすぐあなたに会えるね。ありがとう。」

 

相手に話しているように見えて、自分へ声をかけていることになります。

しかも肯定的な言葉を出すことで、幸せホルモンが分泌され、体にも心にも良いことづくしです。

 

 

「私もあんな風に赤ちゃんを授かりたい」と羨ましく思う心や、

「どうして私のところには赤ちゃんは来てくれないんだろう」と不安や悲しい心を持つことはごく自然なことです。

それは赤ちゃんを望んでいるからこそ生まれる気持ちなので、大切に大切に覚えていてください。

赤ちゃんが生まれた後、育児で大変なことがあっても、なかなか授かれなくて必死に耐えていた苦しさを思い出せば、大抵のことはどうでもよくなりますから。

 

 

体を変えることは簡単ですが、心や思考を変えていくのは大変で難しいです。

けれど、考え方ひとつで体が変わるなら、試したほうが得ではないですか??

どんなことにも悪意のある見方をするのではなく、優しい心をもつようにトレーニングしていきましょう。

わたしも、心のトレーニングしていきます(^^)

 

 

空のどこかで順番待ちをしてくれているあなたの赤ちゃんに、早く会えますように。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です