逆子治療

本来、子宮内の赤ちゃんは頭から産道を通り抜けるため、
頭は下(子宮口)を向いています。

逆子とは赤ちゃんの頭が上を向いている状態(骨盤位)のことを言います。

妊娠初期・中期では赤ちゃんが動き回るゆとりがあるのでくるくると頭の位置は入れ替わっていますが、
後期になるにつれて頭が重くなり、自然と下を向きそこで固定されます。

しかし何らかの理由で赤ちゃんが下を向けないまま成長し、どんどん子宮内の動き回るスペースがなくなってしまうと、上を向いたまま固定されてしまいます。

逆子の原因としてはお母さんの体質(冷え)や骨盤の形状、子宮や胎盤の異常、臍帯の巻き付きなどもあげられますが、
プラス整体的に原因をみると、更に色々な要素が考えられます。

LuLieでの治療は
・子宮を冷やしていないか
・赤ちゃんの成長とともに骨盤もスムーズに開いてきているか
・逆子になる以前のお母さんの状態
をまずカウンセリングさせていただきます。

赤ちゃんは温かくてふわふわの子宮が大好き。
お灸と整体により赤ちゃんが動きやすく、そして温かい子宮にしていきます。

諦めずに治療してみましょう(^^)

お問い合わせ