ブログ

2017.07.29自宅で妊活ケア~お腹~

先日、子宝セラピーで整体だけをさせて頂いた方がいらっしゃいました。

鍼灸治療は他院でされていらっしゃったのですが、そちらの先生はどんな方針を立てて、これからどんなスケジュールで治療していくのかを伺ってみると・・・

「よく分かりません…。冷えはあるね、と言われたけどその他は特に何も。どんな方針で治療していくかも、次はいつ行けばいいのかも知りません。」と、いうことでした。

 

自分の体の治療のことなのに、この方は聞いたりしないのかな?知りたくないのかな??

鍼灸師の先生は、どうして何も話さないのかな???

不妊治療では有名な鍼灸院のようだったのですが、わたしにはハテナなことばかりでした。

 

トレーニングの効果をきちんと出すための原則の中に「意識性(自覚性の原則)」というものがありますが、これはトレーニングだけではなく治療の時も同じです。

自分の体を知り、治療内容を自覚(意識)して自主的に進めていくのと、セラピストにお任せで何も理解せずに治療していくのとでは大きな差があります。

 

 

お灸の存在が広く知られるようになり、自宅でもせんねんきゅうを使ってケアをされている方も多いですよね。

「妊活・お灸・ツボ」とインターネットで検索をすれば、不妊治療に使われるツボの情報が沢山出てきます。

丁寧なサイトはきちんと理由も掲載されていますが、中にはツボの名前と場所だけ書いてあるサイトもあります。

せっかくなので理由を知って効果を最大限に出してほしいなと思います。

 

 

子宝セラピーを受けに来ていただく方で、私が大切なポイントとしてチェックしている場所があります。

それは・・・お腹です!

下腹部も大切ですが、お臍からみぞおちまでの上腹部をチェックポイントにしてます。

①柔らかさ

②動き(呼吸に合わせてどのような動きをしているか)

まずは必ずここをチェック。

この上腹部の状態をチェックすることで、子宮や骨盤内の状態を診る参考にしています。

 

心臓から出た動脈は胸を通り、お腹へと続き、その道のところどころで各臓器に栄養と酸素を運ぶために分かれていきます。

この分かれた血管の道の中に、子宮に栄養と酸素を送る(子宮動脈)と、卵巣に栄養と酸素を送る動脈(卵巣動脈)があります。

このお腹のところで血液の流れが滞っていると、その先の子宮や卵巣に血液や酸素が運ばれなくなってしまうのです

子宮や卵巣に血液や酸素が運ばれないということは・・・卵胞の成長や子宮内膜の厚さなどにも影響してきます。

 

仰向けに寝て、ご自身のお臍からみぞおちの辺りまで、示指から環指の3本の指でゆっくり上から押してみてください。

指は入りますか?痛くないですか?指がはじき返されるくらい硬いですか?

 

指が入らないくらい硬かったり、痛みがあればケアが必要です。

硬くなる原因には、呼吸が浅く胸だけで呼吸をしがちな方、姿勢が前かがみで上腹部を縮こまらせている方が多いです。

 

 

そんな方にお勧めなのが、下腹部の「子宝の灸」「中脘(ちゅうかん)」というツボをプラスしてみましょう(^^)

 

「中脘(ちゅうかん)」にお灸をすることで、上腹部の緊張を緩め、子宮や卵巣へと続く血管の大元となる動脈(腹大動脈)の血流を高めて上げることができます。

お灸だけではなく、上腹部が縮こまらないように姿勢に気をつける事、ゆっくりとお腹を動かして呼吸をすることも大切です。

 

自宅ケアも、理由を理解して行うことで効果はぐんっと上がりますよ♬

是非試してみてくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です