ブログ

2017.06.29ご質問いろいろ

【鍼灸治療ってこんなもの】

鍼灸治療って・・・?のご質問にお答えしますね(^^)

 

 

Q:鍼を刺すとき凄く痛いイメージがあり、怖いのですが・・・

A:そうですね。血流が悪く筋肉が硬くなっているところに鍼が入ると「ずーん」という感覚があり、それが痛いと感じ苦手な方はいらっしゃると思います。

その「ずーん」は鍼灸用語で「得気:とっき」といい、体にとっては良い反応の1つです。

苦手な方はこの「ずーん」がないように調整しながら治療させて頂きますので、ご安心ください。

また注射針をイメージされる方も多いですが、鍼灸治療に使われる鍼は髪の毛より細いものを使っており、皮膚に入る感覚も非常に少ないです。

肩やお顔など、まずは1部分から試しをしてみてはいかかでしょうか。

 

 

Q:どれくらいの頻度で通えばいいですか?

A:月経周期や、不調を感じる場所の痛みの強さ・状態によっても変わりますが・・・

◆急性の症状(ぎっくり腰・寝違えなど)-できる限り間隔を詰めて

◆慢性の症状(肩こり・腰痛・関節炎・腱鞘炎など)-1か月に1~2回程度

◆妊活のための体質改善を目的とした治療-1か月に1回程度を半年~1年

◆マタニティ期や産後の治療-1か月に1回程度

◆美容鍼-噛み癖や生活の癖にもよりますが2~3週間に1度程度

 

あくまでも目安となりますが、ご参考になさってください。

当サロン・LuLie(ルリエ)では患者様の「自主性」を大切にしたいと考えております。

「行かないといけない」といった義務ではなく、「行きたい」と心や体が求めた時の感覚を目安にしてください。

もちろん体の状態を診て「〇日後・〇週間後に来てほしい」とこちらからお声をかけることもございますが、以降の来院についてはご相談次第となります。

 

 

Q:子供と一緒に行けますか?

A:はい、大丈夫です。

まだお座りが出来ない小さなお子様には、バウンサーやマット、赤ちゃん用のイスもご用意しております。

 

 

 

Q:行くときの服装はどうしたらいいですか?

A:普段の服装のままお越しください。お着替えもご用意してあります。

施術中は鍼をさす部分だけを出しますので、服を脱ぐことはございません。

 

 

Q:鍼を刺した後はすぐに抜くのですか?

A:鍼をさした後、すぐに抜く方法(単刺:たんし)と、そのまましばらく刺したまま(置鍼:ちしん)という方法があります。基本は15分ほど刺したままにしておきます。

 

 

 

Q:治療した日はお風呂に入っても大丈夫ですか?痕は残りますか?

A:はい、大丈夫です。鍼をした当日も普段通り生活して頂けます。

基本は跡が残ることはありませんが、ごくまれに刺した部分に皮下出血ができることがございます。1週間ほどで吸収され消えていきますのでご安心ください。

 

 

鍼灸治療って、どんなことをするか未知の世界ですよね。

少しでも不安なことや、聞いてみたいことがあれば、お気軽に問合せくださいませ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です