ブログ

2021.04.13クイズです。紫河車とは何でしょう!

こんにちは^_^

大阪 豊中・少路の妊活サポート鍼灸サロン ルリエ鍼灸院です。

当サロンの新型コロナウイルス感染予防対策についてはこちらでご確認ください↓↓

【新型コロナウイルス感染予防対策について】

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

 

3月から4月にかけて出産ラッシュがきました♪

中には妊活ケアを経て出産まで見届けた(実際に出産に立ち会ってはいませんが笑)方もいらっしゃるので、とっても感慨深いです♡

出産を終えられた皆様、本当におめでとうございます!

 

突然ですがここでクイズです!この紫河車(しかしゃ)って、何のことだかわかりますか?

正解は「プラセンタ」のことだそうです。日本ではカタカナ表記の「プラセンタ」が一般的ですよね。

私も知らなかった~( ´∀` )

 

ウイルス感染の観点から日本では内服薬やサプリメント、化粧品の原料となるプラセンタはブタ・ウマ由来の胎盤が使われています。

胎盤なのでエストラジオール・エストリオール・プロゲステロン・エストロン・性腺刺激ホルモン・活性タンパク質など多様なホルモン・成分を含みます。

もちろんサプリになると含有量などは変わってくると思いますが、妊活コースの方の中にはプラセンタのサプリをお勧めした方がちらほら・・・。

 

このプラセンタ、妊活中だけじゃなくて産後の女性にもとっても強い味方になってくれるんです。

いくら「自分の元気も大事!」とわかっていても、いざ出産してみると自分のケアにかける時間ってなかなか作ることができないのが現実です。

それでも、お母さんの産後のケアの重要性を声を大にして、めっちゃめちゃ大にして言いたい。

当サロンでは出産後のお母さんとお子様のケアも行っていますが、産後はご自身の体に細心の注意を払うべきだと考えます。お二人目、三人目のお子様を希望しているなら尚更。

本当に、産後の回復が出来ていないと二人目妊活をこじらせます・・・。流産後の方も同じです。

 

 

 

『出産時の出血が多ければ必ず※陰分が損傷される。すると陰分に関わる経絡が真っ先にダメージを受けて虚弱になり、なかなか回復しない』と言われています。

※陰分とは血、水分のこと

 

出産時に出血が多いと肝(胆)や腎(膀胱)が真っ先にダメージを受け悪露が止まらず、食欲不振に陥いり体は弱まったまま回復できないという意味です。

そうなると血や水分が体の中に不足している状態になるのでめまい、目のかすみ、不眠、動悸、ほてり、だるい、虚脱感、いつも体が怠いなどの症状が現れます。証をたてるなら気血両虚(血も元気もない状態)が当てはまるかと。

 

紫河車は冷えて弱った体を温め、血を養い、傷ついた経絡を補修してくれる作用があり、悪露を止め、心穏やかにし、丹田のパワーを補うとともに母乳の分泌を促すとのことで、弱り疲れ切った産後の女性には紫河車(プラセンタ)を用いて治療する医師が昔から中国にはいらっしゃいます。

自分の胎盤を使えばさらに効果があるとのことですが、日本では難しいですね(^^;)

一番手軽なのはプラセンタのサプリや内服薬を飲むことでしょうか。

私は漢方内科で補中益気湯などを頂き、産後疲労感が強いときに飲んでいました。もし漢方に通院してるかたがいらっしゃれば、産後の回復を助けてもらう漢方を頂いておくのもいいかもしれませんね。

 

 

産後は血を作る!溜める!が優先事項です。出産間近の方、ぜひこのことを心に留めておいてくださいね。

そして出産頑張ってください。そばに行くことは出来ませんが、応援しています。

 

鍼灸師 yuka

 

2021.03.20鍼灸師として、母として子供たちに繋げたいこと

こんにちは。

大阪 豊中・少路の妊活サポート鍼灸サロン ルリエ鍼灸院です。

当サロンの新型コロナウイルス感染予防対策についてはこちらでご確認ください↓↓

【クリック】当サロンの新型コロナウイルス感染予防対策について

 

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*

さてさて

今日は4月から新たに取り組むお子様専用のメニューについてお話ししたいと思います(^^)

 

 

日々妊活や治療に取り組む女性の体の立て直しをお手伝いする中で、妊活を始めるもっともっと前・・・子供の時から生理のケア方法を知ってほしい、ケアが必要なのではないかと考えるようになり

小児はりのコースのほかに、初潮を迎える時期から大人へと変わる間の痛に悩む女の子のためのケアをスタートさせることにしました。

 

 

鍼灸院(サロン)を始めようと思った当時、わたしは第二子妊活をスタートしたばかり。

なかなか実らず周りの(特に芸能人の方の笑)勝手に目に飛び込んでくるおめでたニュースに心乱されながら、約3年かかって授かりました。

妊活真っ只中の時は苦しくて悲しい・・・そんな時期もありましたが、その経験が今わたしの鍼灸師としての信念の根底を支えてくれているので、今では経験してよかったとやっと思えています。

 

まずは生理の不調を整えること、3食(特に朝食)おなかが空いて肉や魚を食べられる元気があること、朝目覚めたときすっきりと出来ているか、この3つの項目をクリアしていくと自然と基礎体温は整いますし、イコール受胎しても妊娠を維持できるくらいの体力がついてきたという証となります。

だから生理を整えることは、妊活・不妊治療の大前提なんです。

 

その方たちに生理の経歴をお伺いしていくと小さいころから生理痛があったので薬を飲んでいたという方や、生理が始まった時から生理の周期は不安定だったというかたなどが多く、何らかの生理の不調をお持ちの方ばかり。

 

 

多くの女性は13~15歳の間に初潮を迎え、閉経を迎えるまでの何十年間、基本的には1か月に1度生理がきます。

最近のお子様は早熟なので小学生の内に始まる子もいますよね。

先日テレビでPMS(月経前症候群)や生理痛がひどく1か月のうちの半分以上体調が悪いという女の子が映っていました。

また生理痛のお薬と生理用品の費用が毎月数千円かかってしまうのがつらい・・・と。

周期が整っていると生理は4週間ごとに来るのに、それが憂鬱なものであるということはどんなにストレスだろう。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

「足組んだらお腹いたくなるよ」

「お砂糖は摂りすぎないようにしようね」

 

私が日頃娘に話していることです。

成長とともに私の言葉は耳に入らなくなり、たっくさんお砂糖摂って、足を組んで座ることが普通になるかもしれませんがそれはそれでいいのです。

いつか原理はわからなくて彼女自身が成長してくなかで、昔聞いた母親からの言葉と体が一致するかもしれません。

 

 

小さいころ何度も聞いていた母親の言葉が耳から入り、脳に入り、潜在意識の中の記憶として染み渡る。

いつしか生理による不調に悩んだときに、そういえば昔お母さんが・・・と思い出すかもしれない。

 

 

お薬以外の、またはお薬と併用しながら毎月の不調を根本から治していく方法があること

生理の不調が将来の病気に繋がること

生理の状態は体の健康状態を表すサインであること

 

これらのことをまずはお母様も含めて知っていただき、そのケアの経験と知恵を覚えていてほしいのです。

そしていつか同じように女の子の母親となり、その子が生理が始まって悩んでいたら伝えていってほしい。そうやって親から子へ、その先へ繋いでほしい。

堅苦しい感じではなく、体が楽になってもらうためのケアですので「プリンセスのための生理ケアコース」と名付けました。

4月から月・水・金曜日の16時~お子様専用の予約枠を開設します。

こちらのコースはどのお時間でも予約可能ですが、16時からはお子様専用なのでぜひご活用ください。

 

鍼は少なめにしてお灸中心のケアをしようと考えていますが、やっぱり鍼がこわいというお子様も多いでしょうからご相談しながら施術させて頂きます。

出来れば初回はお母様もご一緒に来院してくださいませ。

 

ケアのタイミングは生理痛が酷いのであれば生理予定日2、3日前~生理開始日を目安に。

生理痛よりも月経前症候群のほうがつらいのであれば生理予定日の2週間前が目安になります。

分からないことやご不明な点は気軽にお問合せくださいね。

 

 

私も母親として、鍼灸師としてもまだまだですので、若い女の子たちの生理ケアをどのようにしていくのか試行錯誤を繰り返していくことになりますが、

今から始める鍼灸師としての取り組みが、親から子へ、その先の女の子たちへ繋がれていくことを願います。

 

鍼灸師 yuka

 

2021.03.15もっと気軽に

こんにちは。

大阪 豊中・少路の妊活サポート鍼灸サロン ルリエ鍼灸院です。

当サロンの新型コロナウイルス感染予防対策についてはこちらでご確認ください♪

クリック【当サロンの新型コロナウイルス感染予防対策について】

 

 

 

3月になり、東洋医学に携わる人たちは「体も春になったね~」と感じたりします。季節によって不調の傾向や、起こりやすい病気があるんです。

これを東洋医学では人間も宇宙の一部だと言います。

「えっ。なんかいかがわしい・・・」と少し身構えず、すこーしだけお付き合いくださいませ(^^)

 

まず季節や天候に自分の体調や気分が少なからず影響されることは、ご自身の経験からすでに体験されていると思います。

 

地球もひろーーーい宇宙の中の1つの惑星の一つであり、引力による潮の満ち引きがあるように月や太陽の影響を受けています。

さらに言うと、成人男性の60%、成人女性の55%は水分でできていますので、潮が満ちたり引いたりするように私たちの体内の水分も月や太陽、地球の影響を受けております。

 

漢字や聞きなれない言葉が多いですが、何も難しいことは言っていないんです。

地球は月や太陽の影響を受けているでしょ?その地球に住んでいるのだから私たち人間も宇宙の影響を受けて生活しているんだよっていうのが東洋医学の基本の考え方なんです。

(宇宙って出ると一気にいかがわしさが増しちゃうかな?笑)

 

こういう考え方を基本とする学問なので、むかしむかーーーーしの賢い方たちが各季節をどうやったら健やかに、心穏やかに生きられるかを書き残してくれています。

 

『春の三か月は・・・

天地ともに伸びて成長が始まり万物はその変化のパワーを受けて新たに成長する。

私たちは早寝早起きをしてゆっくり散歩をし、体も髪の毛もきつい恰好をせずに自分のやる気を伸びやかにする。

これは春の気に応じた養生の道なり。』     黄帝内経素問より

 

秋や冬の風(木枯らし)のイメージ地面を這うような風。

逆に春の風はふわっと上へ舞い上がる風。

春の風は「上昇気流」なので血も気も心も上へ舞い上がりやすく、下へ降りにくい性質があります。また天気が激しく変化する季節でもあります。

ゆったりとした運動は上に昇った血や気を巡らせて下におろしてくれるのでお勧めです。

 

頭痛やめまいなども起こりやすく、高血圧の方や脳卒中にも注意です。妊娠中の方で血圧が高めの方は要注意ですね。

春は肝が旺盛(元気いっぱい)になりすぎると消化器に不調をもたらします。日頃から消化不良を起こしやすいお疲れタイプの妊活中の方も、消化機能が弱る妊娠中の方もご注意ください。

旬のものを食べるのは食養生の基本なのですが、春におすすめのものはもやし・ねぎ・春タケノコなどでしょうか。

春は酸味を少なめにして、甘味(かぼちゃやサツマイモのような自然の甘味)を少し増やすと良いとされています(^^)

※春は肝の季節であり、酸味は弱っている肝を養生すると言われていますが、肝が元気すぎるときは酸味を減らす方が落ち着きます

そして私が特に気を付けてほしいなという点は、春は「鬱が出やすい」ということ。

五月病といった言葉があるように春は心に眠っていたざわざわや不安、環境の変化への戸惑いが春の風のように一気に舞い上がりやすい季節。

これまでに心療内科で治療を受けていた方や現在薬を服用をされている方、妊娠中の方でこういった既往がある方はそういう季節が来たんだということを頭において、ゆったりと過ごしてください。

少しでも心がざわざわしたときや不安がぴょこっと芽をだしたとき、早め早めのケアが大切です。

 

 

今日は少しでも「東洋医学って面白いかも」と身近に、気軽に感じてもらえたらなと季節の養生についてお話ししてみました。

次回は4月から新たに増えるメニューや、そのメニューを始めた理由をお話ししたいと思います。

生理へのケアをしてきた私が将来の子供たちへ繋げたいな、伝えていってほしいな、と思ったことをメニュー化しました。

ではまた次回に♪

2021.02.01オンラインでもカウンセリング可能に♪

こんにちは。

大阪 豊中・少路の妊活サポート鍼灸サロン ルリエ鍼灸院です。

当サロンの新型コロナウイルス感染予防対策についてはこちらでご確認ください^_^

【当サロンの新型コロナウイルス感染予防対策のついて】

 

============================================================================

当サロンの子宝セラピーには2つコースがあります。

妊活コースと、妊活カウンセリングコース

 

この2つのコースはどう違うんですか?わたしはどっちのコースになりますか、と何度か問い合わせをいただいております。

ややこしくって、ほんとーーーーーーーーにごめんなさい!

 

簡単に言うと鍼灸で体を変えていきたいか、鍼灸は続ける気持ちはなくてただ体を(東洋医学的に)診て欲しいかでコースを選んで頂くことになります。

鍼灸で体を変えていこうってかたは妊活コース、カウンセリングだけ希望の方は妊活カウンセリングコースになります。

 

 

具体的なコース内容はこちら↓

 

【妊活コース】

鍼灸でのケアを続けて妊活中から元気に妊娠、出産、育児ができる体を作っていきます。

 

●費用:5000円

●所要時間:約90分(問診や施術時間を含みます)

※2021 年2月より初診料1000円を頂いております

●治療回数:一周期に2回(低温期、高温期に1回ずつ)

●内容:基礎体温チェック(毎回)、体調チェック(胃腸の調子や睡眠のチェックなど)、鍼灸治療、整体治療

 

【妊活カウンセリングコース】

鍼灸治療の継続は考えていないけど、西洋医学的な診断や治療はたくさんしたので、一度東洋医学的に今のじぶんの体を知りたい。

どこの力が弱いのか、赤ちゃんをお迎えするにはどんな工夫ができるのかを一緒に見つけ、考えるコースです。

 

●費用:8500円

●所要時間:約120分(問診や施術時間を含みます)

●治療回数:1回

●内容:治療体験、基礎体温チェック、問診、ボディチェック、カウンセリング、

 

 

こちらのコース、カウンセリングたけじゃなくて実際の治療も体験して頂けるコースです。

鍼灸治療は続けるつもりないから体験なんて要らないんだけどな〜って思う方もいらっしゃると思います。

 

なぜ1回体験してほしいのか…

鍼灸って効果を感じるまで時間かかるよね、本当に効果あるのかわかんないっていうSNSでの声を見て少し残念に感じているから。

 

本当はちゃんと変わりますよ、効きますよって感じてほしくて。

 

私は不妊治療中に預金残高がどんどん減っていくのに、中々結果に結びつかない、自分の体はよくなってるのか、妊娠に近づいているのかわからないことが凄くストレスでした。それは“妊娠”することだけを見ているからでした。もちろん大きな目標はそこなのですが。

 

見るべきところはそこではないのです。

 

体が良くなってるってサインはここを見てください。

こうしたらここは改善していきますよ。

こういう体が元気な状態であり、赤ちゃんをお迎えできる状態ですよって知ってほしいんです。

せっかくお金を出して来ていただいているのだから有益な時間にしたいのです。

 

治療や養生をして、こうなったら体が改善してますよってアドバイスします。

 

 

まとめて言うと、こちらのカウンセリングコースは

1回でも鍼灸を体験して頂いて、心身ともに少しでも元気になってもらって、また頑張ってたみようかなって思ってもらえたら私は嬉しいな〜っていうコースです(笑)

 

 

ちなみに遠方の方や、コロナのことがあるので対面は避けたいって方はオンラインでも出来ます♫(木曜日のみ。13時から)

ただオンラインではカウンセリングのみで、治療体験はありません。3月末まではキャンペーン価格でカウンセリングさせてもらってますので、お気軽にどうぞ★

 

【オンライン 妊活カウンセリングコース】

●費用:5500円3000円

●所要時間:40分程度

●ご準備して頂くもの:基礎体温表のスクショなど(事前にこちらへメールにて送付していただきます)

●使用アプリ:ZOOMアプリ(アプリをインストールしていただいた後は登録なしで使えます)

●カウンセリングまでの流れ:

①申込みフォームにて申込み→②所定の口座へ振り込み→③振り込み確認後、カウンセリングシートを送信、入力。基礎体温表のスクショなどを添付してメールにて指定のアドレスへ送信して頂きます→④カウンセリング当日

 

申込みはこちらのフォームから(^^)

【オンライン 妊活カウンセリングコース申込みフォーム】

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

 

早いものでもう2月になりましたね。この間お正月を迎えたと思っていたのですが・・・。

冬ですが『生理予定日を過ぎても来なかったので検査薬試したら陽性がでました。いま初診待ちです』と早速うれしいメールが♡

子宮外妊娠で悲しい思いをしたのは約1年前、その後も養生を続けておられたこの方。

 

順調に育ってくれますように。元気に出産を迎えられますように。

私は今は祈ることしかできませんが、つわりや肩こり、逆子など困ったことがあれば出産まで全力でサポートしますよ!感染症対策徹底しで待機してるのでいつでもお越しくださいね。

 

 

By 鍼灸師yuka

 

 

2021.01.13朝ごはん、食べてない歴何年ですか?その①

こんにちは^_^

北摂 豊中・少路の妊活サポート鍼灸サロン ルリエ鍼灸院です。

 

昨年の8月に診療を再開して12月までの5カ月の間に大体1カ月にお一人妊娠され、めでたく妊活コースを卒業されてきました。

この方たちはみなさん、ご自身のお食事(特に朝ごはん)を改善し、就寝時間を23時や0時から21時に変えたり、疲れさせないためにお仕事を休まれたりとご自身の努力と工夫で妊娠された方たちです。(*^_^*)パチパチ~♪

体力状況や性格のほか、お仕事内容や嗜好までだれ一人として同じではないので自分自身の体調に合わせた取捨選択が必要。

自分自身を疲れさせて神経をする減らしてしまっているものは何なのか。それは手放す(辞める)ことが出来るものなのか。

ドクターが決めるのではなく、ご自身で判断して動かないと体は何一つ変わりません。

 

 

薬を飲んでも卵胞や内膜が育たない、どこも検査では異常ないのにも関わらず1年以上妊娠しない、流産後次の妊娠に至らない。

色々な状況がありますが共通として「朝ごはん」に問題ありが多いです。

このことは以前にもブログで書きました(⇒ http://lulie-shinkyuin.com/online/2020/09/11/妊活がスムーズにいかない人の朝食/ ‎)

 

朝ごはん大事ですよ、というのは朝ごはんが一番大事というわけではなくて、朝・昼・夜の3食のうち朝ごはんがいっちばん適当率が高いからです ^^;)

食べてない、食べてもヨーグルトやパンだけ。

 

私は子宝コースに通う方には妊活・不妊治療中の体づくりの基本として以下のことをお願いしております。

◆朝から肉・魚を取り入れて⇒たんぱく質・鉄を摂取してほしい

◆21時には就寝してください⇒成長ホルモン分泌時間を少しでも長く確保&消化吸収時間の確保

◆基礎体温は計測してください⇒基礎体温は妊娠しているか、していないかを見るものではない。体力状況・神経緊張状態の把握のために必要な情報源

 

でもどうして朝からたんぱく質を摂るのか、なかなか妊娠できない体の特徴の一つとして「栄養失調」が挙げられるからです。

この飽食の時代に栄養失調?!と思われるかもしれませんが、冷えや貧血・食欲不振などはっきりと不調と認識されているものから、朝すっきり起きれない、入眠に時間がかかるなど一見関係のないようなことが基を辿れば栄養失調から来ていることがあります。

妊活をされているのであればすでに栄養素の働きについてご存じの方が多いと思いますが、おさらいのために一度皆さんで確認しておきましょう♪

 

【たんぱく質】

からだを構成する細胞の主成分。筋肉・爪・皮膚・臓器・毛髪・血液脳下垂体ホルモン・免疫抗体・遺伝子などを構成している。

エネルギー源としても利用される。

⇒脳下垂体ホルモンとは、甲状腺刺激ホルモン、成長ホルモン、黄体化ホルモン、卵胞激ホルモン、プロラクチンなど他のホルモンと合わせて8種類のホルモンのこと。つまり、たんぱく質は卵胞を育てるホルモンや、排卵を促すホルモン、妊娠を維持するホルモンの原料なんです。

 

【鉄】

全身に酸素を運ぶ。免疫力を高める・正常な粘膜を保つ。

不足すると貧血・動悸・疲労・食欲不振・息切れが起こる。

⇒鉄が不足すると起こるのは貧血だけじゃないんですね~

 

【亜鉛】

酵素の活性化・免疫システムへの関与・たんぱく質を合成して細胞分裂に関与する。

精神面への関与も大きく、不足するとメンタルバランスが不安定になりうつ病のような症状もきたすこともある。

⇒細胞分裂に関係してくるホルモン。受精卵は細胞分裂を繰り返して成長していくので、やはり妊活・不妊治療中の女性には大切な栄養素ですね。

 

【セレン】

体内に10mg程度しかないが、酵素や抗酸化作用として重要な役割がある。

活性酸素の働きを抑制し、細胞の酸化(老化)を防止するための酵素を働かせる。

⇒不足するとビタミンE欠乏症に似た症状が現れる(溶結性貧血など)。妊活のポイントは若返り、つまり若返らせて細胞から元気になること。

赤ちゃんを望むなら覚えておきたい栄養素の一つ。

 

【カルシウム・マグネシウム】

カルシウム:丈夫な葉や骨を作り、心臓の働きや血液状態を正常にしてくれる。緊張や興奮をやわらげイライラを解消する

マグネシウム:細胞内のカルシウム量が増えすぎるのを防ぎ、循環器の働きを正常に保つ。精神的なイライラをやわらげ情緒を安定させる

⇒治療が上手くいかない、生理が来たら心が荒れて自分でも手に負えないなど・・・心あたりありませんか?

 

などなど・・・。有名な栄養素を挙げてみました。

もちろん栄養素は他にもたっくさーーーーーーーーーーーーんありますが、書ききれないので一部にしておきますね。

 

栄養素を確認して何が言いたいかと言うと、現代女性の多くが栄養満点♬ということはほぼないと思います。それは明治の女性と(明治以前の女性とも)令和を生きる女性の役割は社会進出が進むにつれて大きく変わっているからです。

 

あら。長くなってしまったので次回に続きます~!!

 

 

 

2021.01.042021年になりました♪

こんにちは!
北摂 豊中・少路の妊活サポート鍼灸サロン ルリエ鍼灸院です

明けましておめでとうございます^_^
本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

みなさま。
年末年始はいかが過ごされましたか?
コロナの感染拡大のため初詣や帰省など例年通りではなかったかもしれません。

 

わたしも初詣や実家への帰省もなく普段の週末とほぼ変わりなく過ごしていました。
でも案外これはこれでゆっくりできてよかったです♫

 

年末年始、主婦にとっては大掃除に1日子供の世話に、3食の準備・・・それに加えてご挨拶の手土産の準備などなど大忙しですからね〜(ꏿ﹏ꏿ;)

 

さて、そろそろ正月も終わって仕事再開できるぞ〜とルンルンの1月2日の夜。
もう眠気もMAXであと少しで寝入るぞ〜(私が笑)っていうときに、娘から質問が。

 

「ママは、どうして体のこと知りたいの〜?」
「え〜?(=_=)zzz ママも元気に○○ちゃん(娘)と遊びたいし、みんなに元気になってもらいたいから〜?」←もう寝落ち寸前

 

「じゃあママはどうしてみんなに元気になってほしいのー?」
「・・・(ね、眠いんですけど)元気になったらお腹に赤ちゃん来てくれるし、元気でいたらやりたいこと何でも出来るからかな・・・。ママが元気になって○○くん(息子)にお腹に来てもらうために色んな先生にお手伝いしてもらったでしょー?」

 

「そっか〜。じゃあママはどうしておうちでお仕事するのー?」
「(眠い・・・)大好きなお仕事しながら、みんなと一緒にいる時間も欲しかったからやよ〜」

「ふ〜ん」
「(ふ〜んって・・・)ママ眠たすぎてヨダレ出ちゃったからもう寝よか」

 

 

子供の言葉にハッと気付かせてもらうことが多いですが、今回も「ママもっと気合い入れてしゃんっとしいや!」と、喝を入れられたような気分でした。

わたしが妊活や不妊治療専門の鍼灸治療院を始めた理由、妊娠中や産後のケアも取り入れた理由、どこかに店舗を構えず家で開業させてもらった理由、2021年の仕事始めの前に始めた頃の気持ちや決意を確認できました。

もちろん忘れているわけではないのですが、さらに強く意識に刻み込むにはこういう時間が大切ですね。

でもこういう問答は寝る寸前じゃないほうがいいな~。

 

妊活サポートを始めた理由などはまたおいおいこちらのブログで書きたいです。
わたしとお話したことがある方はご存知だと思いますが、まぁ話も長いし分かりづらいので(╬☉д⊙)⊰⊹ฺ笑

 

2021年も一人でも多くのご夫婦と赤ちゃんとの縁結びが出来るよう、
ママが笑ってお子様と向き合えるよう、
お子様が心健やかに成長されるよう、

 

精進と鍛錬を怠らずに歩んでいきますのでどうぞよろしくお願い致します。

鍼灸師 楠田由佳

2020.12.01冬の妊活の注意点

こんにちは!

北摂 豊中・少路の妊活サポート鍼灸サロン ルリエ鍼灸院です(^^)

12月になりましたね!そろそろクリスマスや年越しの準備を考える方も多いのでは♪

 

今年はコロナの感染拡大のこともあり、私はもともと早く感じていた1年がさらにぐっと早く過ぎた感じがします。

普通にできていたこと、行けていた場所へ気軽に行けなくなり窮屈な一年でもありました。

ですが緊急事態宣言が出てしばらくお休みしていましたが、7月の再開以降、お久しぶりの方や初めましての方に沢山お会いすることが出来、いろいろな話を聞かせていただきとても楽しく仕事をさせていただきました。

 

さて暦の上で12月~2月は冬になります。

冬は東洋医学の考えでは「腎」の季節。妊活されている方にとって、とっても大切な季節ともいえます。

なぜなら冬は腎を養い「腎精」を養う季節。腎精とは受精した瞬間に両親から受け継いだ生命エネルギー(元気)のこと。

発育や成長、生殖にとっても欠かせないエネルギーなんです

 

発育や成長って自分のことだけではなくて、赤ちゃんの種である卵胞や子宮内膜、そして着床後の小さな小さな赤ちゃんの成長のことを意味します。

元気だからこそ、生命エネルギーが満ち溢れているからこそお腹の赤ちゃんに栄養を送り続け、なおかつ自分も生きていけるのです。

赤ちゃんを守り育てる力が「腎精」であり元気ですので、赤ちゃんをお迎えするために今妊活や治療に励んでいらっしゃる方は、冬のこの季節を使ってぐーーーーーんと力を蓄えちゃいましょう。

針灸学〔経穴編〕の鳩尾(きゅうび)と呼ばれるツボの項目ではこんな風に書かれています。

『人を最も損傷させるのは房労であると中医では考えているーーーーー』

 

房労とは性行為のことです。

つまり人間を最も疲れさせるのは性行為ですよ、と昔々の中国のお医者さんは言っています。

なるほど・・・確かに元気じゃないとタイミングも取れないよね。疲れてたら寝ちゃうわ。

 

何が言いたいかというと元気がない人(疲れている人)が冬に頑張ってタイミングをたくさん取ると体を疲れさせてしまって、生命エネルギーが損なわれるのです。

生命エネルギーが損なわれるということは、妊活や治療のいい結果が出にくくなります。

 

朝目覚ましが鳴ってもスッキリ起きられない

朝ごはん(朝から肉・魚)が食べられない

ご飯を食べた後眠たくなる

性欲がない

などの項目に当てはまる方は元気がない状態です。

 

元気は食べたものから得られますので、まず胃腸のケアをして朝からお腹が減る状態を作りましょう

はじめにご紹介した「腎精」は睡眠時(夜)に多く作られますので出来るだけ21時までに就寝体制に入りましょう

(移植を計画中の方は今すぐ始めるべきです!)

 

12~2月のこの冬も治療や妊活を休まずに続けるのであれば、人工授精やご自宅で出来るシリンジ法などを取り入れて省エネで続けることをお勧めします。

疲れている体でむやみにタイミングの回数を増やしたり移植に踏み切るのはおススメしません。

きちんを自分の体力状況を分析し把握して、状況に応じた工夫と必要なケアをすることが大切です。

 

治療や妊活生活に疲れたな…今月もタイミングの時期は頑張らないとな(ハァ…(*´Д`))と心身ともに疲れを感じる方はぜひ鳩尾にお灸してみてください。

塞ぎこんでた気持ちがフッと軽くなります。

ツボの場所的に胃腸のケアも一緒にできますので一石二鳥なツボです☆

 

冬のパワーを味方につけてサクサクっとパワーアップしちゃいましょう!!

 

【鳩尾】みぞおちから指2本分下のところ・・・房労(性行為)による精神疲労、胃痛・胃のハリ・息切れ・不安感・片頭痛など

 

2020.11.05再度お知らせ

こんにちは!

北摂 豊中·少路の妊活サポート鍼灸サロンのルリエ鍼灸院です。

 

最近ご新規で来られる方が増えたので、感染予防の件などもろもろについて再度お伝えしようと思います(^^)

 

■コロナやその他の感染予防対策について

・換気を行いながら施術させて頂いておりますので、暖房を強めにしています。エアコンが苦手な方、逆に暑すぎる場合などは教えて下さい。

・施術中はマスクを着けたままさせて頂いております

・玄関に消毒液を設置しております

・発熱、風邪症状、結膜炎、味覚障害などの症状をお持ちの方の来院はご遠慮頂いております

・わたしの家族の中で発熱やウイルス感染が疑われる場合、予約の変更をお願いしております

 

■これから子宝セラピー(妊活コース)をお考えまたはご希望のかたへ

有り難いことに新しく子宝セラピーをご希望の方が増えました。

中には体外受精へステップアップして、移植に向けて体を整えたいと来てくださる方が増え、赤ちゃんをお迎えするための体の準備に鍼灸治療という方法があるということが認知され始めたのかな?と嬉しく思ってます。

ただ、出来れば移植する直前ではなく少なくとも3ヶ月前から準備を初めてほしいのです。

当サロンでは【妊娠(妊娠陽性)】がゴールではなく【元気に出産】をゴールにしております。

 

  • 胃腸の細胞は約5日周期
  • 心臓は約22日周期
  • 肌の細胞は約28日周期
  • 筋肉や肝臓などは約2ヶ月間の周期
  • 骨の細胞は約3ヶ月周期

(参考:Wikipedia)

 

細胞の新陳代謝の周期は部位によって異なりますが、新陳代謝が正常であれば身体は3ヶ月で新しく生まれ変わるとされています。

 

どんなに不摂生な生活をしていても妊娠する人は妊娠できます。

その人たちと頑張って治療してもなかなかうまくいかない人たちとの差は何だ?と聞かれると「元気があるかないか」という点です。

移植をする、しないに関わらず妊活中・不妊治療中の方たちは元気な体に生まれ変わらないといけないんです!

移植直前に鍼灸をして赤ちゃんを受け入れられるだけの元気な体になれるか、と聞かれると難しい。

細胞の生まれ変わりには少なくとも3ヶ月を要しますので、元気な体生まれ変わるためには3ヶ月かかる、とお考えください。

 

 

もちろん、移植直前に鍼灸治療を受けることに意味が無い訳ではありません。

出来ることは沢山あります。

(以前、不妊鍼灸ネットワーク(現JISRAM)のセミナーにて着床時に鍼灸を受けると免疫寛容が起こるのでそのタイミングで施術を受けることは意味があると発表されていました。今免疫寛容について文献探してますが、まだ見つかってないので見つかり次第ご紹介させていただきますね。)

 

でも高い費用を払って移植をするんだから、何回も何回もするより少ない回数で成功したいですよね?

ホルモン剤による体への負担も減りますし…。

私もできれば少ない回数で妊娠してほしいし、そういうサポートがしたいんです。

 

なのでもし移植に向けて鍼灸を試してみようと来院をお考えの方は、直前ではなく数カ月前からお考えくださいね。

 

 

■年末までの予約について

現在、ご希望の日時に空きがないことがあります。申し訳ございません。

ご希望の日や時間がありましたら早目に予約お願い致します(^^)

2020.10.21お知らせモロモロ(講座案内・予約情報)

こんにちは。

北摂 豊中・少路の妊活サポート鍼灸サロン ルリエ鍼灸院です(^^)

 

いくつかお知らせがありますのでご案内させて頂きます。

====================================================================================

 

【案内①】オンライン講座について

秋のお灸&薬膳茶のオンライン講座は受付を終了いたしました。

続いて冬は産後ママと育児ママのためのお灸&薬膳講座です♪

 

中医学でいう健康とか元気って、怒らない・悲しまない・悩まないということではないんです。

いつも元気!いつも穏やか!痛いところも調子が悪いところも1つもない!な~んて、ロボットみたいなママがいいとは言ってないんです。

 

私たち鍼灸師と薬膳師が目指すママ・女性はロボットママとは違います。

どんなママを目指すの?と、気になった方はぜひ参加してみてくださいね。

 

産後の体の状態を知っていただき、そのまま育児をしていく危険さとケアポイントについて紹介しながらみんなで楽しい時間を過ごせたらなと思っています。

そして!講座後も試せるお灸と薬膳茶のオマケつき☆お申し込みはこちらから↓↓

オマケ付き☆産後ママ&育児ママのお灸&薬膳講座

 

日時:

12/2(水) ①10:00~ ②13:00~

12/5(土) ①14:00~

 

費用:3000円

 

時間:約60分

 

準備していただくもの:ライター、水を張った小皿や紙コップ、サインペン、お湯、マグカップ、ティースプーン

 

その他:講座キットは事前に郵送させていただきます。講座開催の10日前までに申し込み・振込をお願い致します。

 

【案内②】予約スケジュールについて

11月の予約カレンダーを更新させて頂きました!

希望日がお決まりの方は早めに連絡・予約お願い致します(^^)

 

妊活コースご希望で初診の方は基礎体温表をご準備頂き、生理周期7日あたり(出血が無くなってから)~排卵予定日までに(排卵するまでに)お越しください♪

 

 

10月も後半に入って朝晩の気温もグッと低くなってきましたね。

みなさまどうぞご自愛くださいませ(^^)

 

2020.10.14生理痛ケアのベストタイミングとは

こんにちは。

北摂 豊中少路の妊活サポート鍼灸サロン ルリエ鍼灸院です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

秋のセルフお灸&薬膳茶講座 お申し込みはこちらから↓

[オンライン講座申込フォーム]

 

秋に増えやすい不調は?

どうしたら体調を崩すことなく秋を過ごせる?

をテーマにして、セルフケアの方法をお伝えしています。

 

次のテーマは「産後ママ・育児ママのためのお灸&薬膳講座」です。

産後・育児中によく感じる不調(産後ウツ・腱鞘炎・母乳の悩み・肩こり・イライラなど・・・)をお灸と食事でケアする方法をお伝えします!

こちらもよろしくお願いします~(^^♪

【冬講座日程】12/2(水)10:00~/13:00~

12/5(土)14:00~

【費用】3000円(講座費:2000円、材料費、送料:1000円)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 

先日一緒に講座をしてくれている‟食楽教室なないろ”のオーナーである伊庭先生と、北浜にある「日野薬品」様のところへ行ってきました。

目的はお茶探しです!

サロンでもケア後にお茶をお出ししているのですが、せっかく時間を作ってケアに来て頂いているのでお茶も「ただのお茶」を出すのではなく、ケアに一役買ってほしいなぁと思っています。

色々試していくつもりなので楽しみにしていて下さい。

 

さて当サロンは妊活中の女性や妊娠中・産後のママのケアが主だったのですが、最近ではそれ以外の目的(体のメンテナンス)の方も増えてきております。

そのなかでも「生理痛」のケアが増えてきたので、今回は生理痛のケアのポイントなどご紹介していきますね。

基礎知識はこちらをご参考に。

【ひどい生理痛(激痛、下痢、吐き気)の原因、月経困難症とは】

生理痛などの月経随伴症状による労働損失は4,911億円、保険で賄われるお薬や治療などの社会経済的負担額は6,828億円だそうです…。

ちょっと額が大きすぎてわかんないけど、相当損してるってこと?かな?

そして誰よりも女性自身が1番つらい。

身体的にも精神的にもとっっても苦しいんです。

高校生のころ友人が毎月生理痛が酷くて早退したり気を失ったりする姿を間近で見ていましたが、本当につらいんですよ。

 

改善しよう!何とかしてみよう!と思ったときはまず、すぐに婦人科で診察を受けてください。

そして腫瘍や大きな病気などの問題ではなかったという場合、鍼灸治療も一つの治療方法にいれることをお勧めします。

 

じゃあ鍼灸だといつ行けばいいの?どんなふうに治療していくの?というところですが。

 

まず治療のタイミングとしては「しんどくなるとき。もしくは少し前」が治療のタイミングです。

月経痛など月経に随伴する不調を治療するにはタイミングが大事だと言われています。

 

排卵前に怠さや排卵痛を感じるなら排卵予定日の3日~前日あたり。

月経開始前にイライラや肩こり、下腹部痛や不眠などの不調があるならその不調が現れるタイミングで。

月経開始1~2日目に月経痛が酷いのであれば月経開始予定日の前日~お腹の痛みが強い時に。

 

とにかくご自身の「しんどくなるタイミング」を見計らって来てほしいんです。

お仕事などでなかなかご都合が合わないとも思いますが、そのしんどいタイミングで治療を続けてみてほしいんです。

 

東洋医学では月経痛の原因は「停滞」と考えます。血とか気とか血の塊とかが詰まってしまってスムーズに子宮に集まった血を排出できないと。

血が停滞しているのか、月経を起こさせたいのだけれど血の量が足りていないせいで全身から無理やり集めようとしてしんどくなるのか、

子宮そのものの形が影響してするっと血を流せないのか・・・月経痛の原因と言っても様々なんですよね。

 

治療の際は特にしんどいときに現れるツボとお腹の反応をみながら行っていきますが

よく使うのは「血海」と「三陰交」です。月経痛の時にはよく使われる鍼灸師の間ではポピュラーなツボたちです。

婦人科系のつぼを使いながら、血の流れが停滞しているところや働きが弱すぎたり強すぎたりバランスが崩れているところを整えていきます。

鍼灸開始してまずは3回ほど生理の様子を見ていただければと思います。

 

そして月経痛が起こるのは大人だけではありませんよね。最近は早熟なので早くに初潮を迎える女の子も多いと聞きます。

もしお子様が生理痛で毎月しんどそうにしているのであれば、お薬だけに頼るのではなくて根本から改善することも大切だと思います。

 

毎月の月経による憂鬱が少しでも軽くなれば毎日はもっともっと楽しくなると思います。

鍼が苦手であれば鍼を使わずに治療することも可能です(^^)

月経痛が少しでもあなたを憂鬱にするのであれば、お子様がしんどそうにしているのであれば、一度鍼灸をお試しください。

 

※お子様の治療は金額が変わりますので、一度ご連絡下さると助かります。

【LINE】友達登録する

 

【SNSもしています♪】

Instagram

Facebook

 

子宝セラピー     60分/5000円
マタニティセラピー  30分/4500円  
産後リカバリー整体  60分/6500円

鍼灸ベーシックコース 90分/7500円